コーヒーの豆と道具の私の家族の選び方。

私はコーヒー好きの母親の影響でよくペーパードリップのコーヒーを入れてもらい、母親のいなくなった今でも朝ごはんの時にはコーヒーを楽しんでいます。
その入れ方を紹介します。


ペーパードリップのペーパーはカリタ製がいいと思います。母親の話では、カリタ製が一番雑味がなく、あまりスターバックスのような濃いコーヒーを好まなかった母親は繊細なコーヒーができるといっていました。なければ、メリタ製でもいいと言っていました。


そしていろいろなコーヒー豆がありますが、家族が好んでいたのはモカです。
ブルー・マウンテンだとおいしいのですが、濃すぎることと苦味が雑味のような感じがするからです。


コロンビアでも入れ方だと思うのですが、雑味が残るような気がする。それでモカを選んでいました。入れ方は、コーヒーの髪のそこの部分を外側に折り、側面を内側に折ります。いたって普通のやり方です。


そこで、気をつけたのはコーヒーを作るときには大きなドリッパーを買わず1杯ずつ丁寧に作ったことを覚えています。あまり大きなサイズで作るとプロではないので、どうしても雑味ができるということで、お客様が来ていたときでも1杯ずつ丁寧に作っていました。


コーヒー豆は中細挽きを選んで作っていました。ドリッパーも薄手のメリタよりも厚手のカリタの製品を使っていましたし、カリタのサーバーを使っていました。製品がメリタよりもしっかりしているのだそうです。また、豆は私は神戸に住んでいるそうですけれど、母
親が喫茶店に勤めているときに三宮の萩原珈琲の豆がいいとその店のコーヒー豆を選んで家にも持って帰ってくれました。


今私は、伝手がないので、UCCの豆を選んで入れていますが、ここのコーヒーでも濃くもなく薄くもなくおいしいコーヒーが入れられると思います。
1度試してみてほしいと思います。

家庭でもプロの味を楽しもう!アイスコーヒー編

お久しぶりです。

今日は冬なのに美味しいアイスコーヒーの作り方をご紹介します。私は一年中アイスコーヒーを楽しみたいタイプなんです。

美味しいアイスコーヒーを作るには、ドリップしたホットコーヒーを氷で瞬時に冷やすのがコツです。氷で冷やすと薄まってしまう為、濃い目に入れた方が美味しくできあがります。氷で急冷されたアイスコーヒーは、透明感があり香り高く仕上がります。

粉はイタリアンロースト・フレンチロースト・シティローストなど深めにローストした強深煎りのものを使いましょう。

粉の選び方は、アイスコーヒーをミルクと混ぜずにストレートで飲む場合は「シティロースト」が適しています。

「イタリアンロースト」は、苦味を追求する人向け。ドリップコーヒーをアイスコーヒーにする場合にこのローストがよく用いられています。

「フレンチロースト」は、イタリアンローストでは苦すぎるという人向けで、アイスカフェラテとして飲むのに適したローストです。

アイスコーヒーの作り方は、サイホンの上にドリッパーを置き、お好みのコーヒーの粉を約50g入れます。約300ccのお湯を慌てずゆっくりと落とします。全コーヒー量が500ccになるように氷をサイホンに加えます。

甘いアイスコーヒーがお好みの方は、氷を入れる前に、落としたコーヒーに砂糖を加えて溶かしておきます。または、あらかじめ作っておいた無糖のアイスコーヒーに、ガムシロップでお好みの甘さに調整してもよいでしょう。

つくり置きする時は香りが逃げないように蓋がキッチリできる容器を選びましょう。冷蔵庫に保存すれば2日間は香り高いアイスコーヒーが頂けます。

人気カフェの自家製コーヒーゼリーが最高でした。

私は長い間飲食業界で働いてきましたから、コーヒーに対する思い入れは数々あります。今回はコーヒーゼリーについてのお話です。


私の勤めていたレストランでは何品かのメニューを自家製で賄っていました。コーヒーゼリーもその一つです。

作り方は特に難しい点はありませんが、通常の豆よりは媒染度の高い物を使用するようにしていました。多く出る季節はやはり夏場であり、アイスコーヒーも飛ぶように売れていたことを思い出します。

来客の少ない間に一気にアイスコーヒーを作り置きしていたのですが、一旦出始めるとそれこ際限の無い注文の嵐となり、一台しかないコーヒーサーバーの使用不可のランプが消えることを待ち続ける日常でした。コーヒーゼリーも私の担当で、時間の兼ね合いでの作業だったことを思い出します。ゼラチンに適量の水を加えて、出来るだけコーヒーの温度が高い間に溶かし込み、容器へと注ぐ。それだけの作業が、アイスコーヒーを冷ます作業の間にもどかしく思えてなりませんでしたね。

お客へコーヒーゼリーを出す際には、型の淵を軽く抉ってから湯煎すると、きれいに出すことが出来て、その形が整っていればOK。

そこへ生クリームと少量のブランデーを専門の器具でたらし込み、お客の元へ。ガムシロップで好みの味に出来るような仕組みでした。長い間そのレストランで働いていたのですが、私は一度も商品としてのコーヒーゼリーを味わったことはありませんでした。

ただ、ボウルの底に残った汁が固まってしまった物を味見の積りで口にしたことはありますけれど。特に味付けの無いそれを美味だと感じたことはありませんでしたが。でも先日、思わぬ方形でコーヒーゼリーを食する機会に恵まれたのです。知り合いの料理上手の同性の友人が自宅へ招いてくれ、彼の手作りをごちそうになりました。コーヒーゼリーって、深い味わいなんだなあ。

自然とそう思えると、忙しさにかこつけて、お客をもてなすという精神が私には無かった、ということを感じ、機械的に作業をしていただけの姿に恥じ入ってしまったのです。時間はもう戻りませんが、あの時のお客にもう一度心を込めて作って食べて貰いたい。

スプーンの生クリームを嘗めながら、そんな思いにもしばしの間浸った私でした。

スタバで美味しいアレンジはキャラメルソース

昨日は錦市場でぶらぶらしてきました。ここはいろんな美味しいものが食べ歩きできるので、観光客にも大人気な場所です。夜は二条城でライトアップ楽しんできました。たまには京都を観光客目線で楽しむのもいいですね。

話は変わりますが、スターバックスでは一般的なメニューに対して自身の好みに合わせてカスタマイズができるところが魅力的な要素だと言えます。


その中でも特にキャラメルソースを購入したドリンクに追加してもらうことが私のおすすめです。このキャラメルソースを加えることによってドリンクの甘さとちょっとしたほろ苦さが増すのでデザートに近い飲み物へと変化します。


私がよく注文するドリンクはキャラメルフラペチーノかキャラメルマキアートになるのですがこの両製品はもともとキャラメルソースがかかっているので、多めにかけてもらうという形になります。また、他のフラペチーノ系ではかかっていないドリンクが多いために特別にかけてもらうことになります。


フラペチーノ系も一度試しましたがどのドリンクも普通に飲むよりもほろ苦さが増してちょっと大人な味へと変化します。キャラメルソースの追加に関してはドリンクを購入した際に店員さんにキャラメルソースを追加でお願いすると中音したドリンクにかけてくれます。

また、このキャラメルソースは料金がかからず、無料で提供してもらえるのも魅力の一つです。店内の雰囲気としても若い人が多く、フラペチーノや期間限定のドリンクを購入している人が多く見受けられます。インスタグラムにもインスタ映えとして若い人はよく投稿をしています。

プロ直伝美味しいエスプレッソの楽しみ方

小さなデミタスカップに濃く淹れたエスプレッソ。

香り高く、味わいはもちろん深く濃厚で、コーヒー好きにはたまらない1杯です。けれども一方で、エスプレッソは濃すぎて苦手という方も。

そんなエスプレッソが苦手という方はもちろん、エスプレッソが大好きなコーヒー通の方も満足できる、エスプレッソコーヒーを120%味わい尽くす飲み方をお伝えします。

その味わいの深さに病みつきになること間違いなしです。エスプレッソコーヒー、お砂糖、ミルクを用意します。ここまでは、通常のコーヒーと何ら変わりはありません。

お砂糖をいつもより多めに入れます。普段、必ずブラックの方なら、スプーン1杯。スプーン1杯がいつもの方は、大盛り1杯。など、いつもより多めに入れるのがポイント。ミルクはお好みの量を入れます。

そして、ここが最大のポイント。お砂糖とミルクを入れたら、スプーンでたった一度、くるりと混ぜるだけ。 混ぜるというよりは、スプーンでコーヒーカップの底に円を描く、という表現がふさわしいかもしれません。

さぁ、では早速飲みます。

一口目めはエスプレッソコーヒーらしい、苦みがグッと感じられる中にミルクのやさしさがほんのり加わります。飲み進めるうちに徐々にミルクと砂糖の甘さが増していき、一度として同じ味がありません。 最後はそこに残ったお砂糖とミルクを深く濃い苦みのエスプレッソと共に一気に飲みます。

口の中に、濃い甘さと濃い苦みが一気に流れ込んできて、それは深い深い味わいに。どこを飲んでも一度として同じ味がなく、最後は甘みと苦みがそれぞれに強調しあい、深い中にもすっきりとした味わいに。病みつきになること間違いなし。ぜひ、お試しください。

カフェインの驚くべき健康効果

コーヒーは日常の慌ただしい中にあって、ふっと足を止め息を落ち着かせてくれる、私にとっては貴重なひと時です。

紅茶や緑茶もいいのですが、やはりコーヒーの独特な香りと苦みが自分にはあっているのかもしれません。コーヒーに含まれる成分としてカフェインが有名です。

このカフェインは、眠気覚ましに飲まれることからも分かるように興奮作用があるというのが通例ですが、他にも様々な健康効果を期待されているのです。一つには血管の拡張を促すことで血流を改善する作用。コーヒー独特の香りが持つアロマと合わせると、高いリラックス効果があるとされているのです。

頭痛持ちの人の中には緊張型片頭痛と言われる、ストレスや緊張で血管が収縮することから引き起こされる頭痛がありますが、コーヒーに含まれるカフェインが血管とリラックスに作用することにより、このようなタイプの頭痛を和らげる効果もあるのだとか。ただし、血流がよくなることで逆に悪化する頭痛もあるので、この点については注意が必要です。

他にカフェインが持つ効果に、利尿作用があります。これにより体内の余分な毒素を排出することができるので、こちらも健康には嬉しいもの。一日に3度のコーヒーががん予防になるという話もありますね。

医学界の研究データについてまでは把握していませんが、コーヒー好きの時分にしてみれば、一日に3度も大好きなコーヒーで癒されてリラックスしている、ということが健康効果を高めているということではないかなぁと思います。