コーヒーの豆と道具の私の家族の選び方。

私はコーヒー好きの母親の影響でよくペーパードリップのコーヒーを入れてもらい、母親のいなくなった今でも朝ごはんの時にはコーヒーを楽しんでいます。
その入れ方を紹介します。


ペーパードリップのペーパーはカリタ製がいいと思います。母親の話では、カリタ製が一番雑味がなく、あまりスターバックスのような濃いコーヒーを好まなかった母親は繊細なコーヒーができるといっていました。なければ、メリタ製でもいいと言っていました。


そしていろいろなコーヒー豆がありますが、家族が好んでいたのはモカです。
ブルー・マウンテンだとおいしいのですが、濃すぎることと苦味が雑味のような感じがするからです。


コロンビアでも入れ方だと思うのですが、雑味が残るような気がする。それでモカを選んでいました。入れ方は、コーヒーの髪のそこの部分を外側に折り、側面を内側に折ります。いたって普通のやり方です。


そこで、気をつけたのはコーヒーを作るときには大きなドリッパーを買わず1杯ずつ丁寧に作ったことを覚えています。あまり大きなサイズで作るとプロではないので、どうしても雑味ができるということで、お客様が来ていたときでも1杯ずつ丁寧に作っていました。


コーヒー豆は中細挽きを選んで作っていました。ドリッパーも薄手のメリタよりも厚手のカリタの製品を使っていましたし、カリタのサーバーを使っていました。製品がメリタよりもしっかりしているのだそうです。また、豆は私は神戸に住んでいるそうですけれど、母
親が喫茶店に勤めているときに三宮の萩原珈琲の豆がいいとその店のコーヒー豆を選んで家にも持って帰ってくれました。


今私は、伝手がないので、UCCの豆を選んで入れていますが、ここのコーヒーでも濃くもなく薄くもなくおいしいコーヒーが入れられると思います。
1度試してみてほしいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。