カフェインの驚くべき健康効果

コーヒーは日常の慌ただしい中にあって、ふっと足を止め息を落ち着かせてくれる、私にとっては貴重なひと時です。

紅茶や緑茶もいいのですが、やはりコーヒーの独特な香りと苦みが自分にはあっているのかもしれません。コーヒーに含まれる成分としてカフェインが有名です。

このカフェインは、眠気覚ましに飲まれることからも分かるように興奮作用があるというのが通例ですが、他にも様々な健康効果を期待されているのです。一つには血管の拡張を促すことで血流を改善する作用。コーヒー独特の香りが持つアロマと合わせると、高いリラックス効果があるとされているのです。

頭痛持ちの人の中には緊張型片頭痛と言われる、ストレスや緊張で血管が収縮することから引き起こされる頭痛がありますが、コーヒーに含まれるカフェインが血管とリラックスに作用することにより、このようなタイプの頭痛を和らげる効果もあるのだとか。ただし、血流がよくなることで逆に悪化する頭痛もあるので、この点については注意が必要です。

他にカフェインが持つ効果に、利尿作用があります。これにより体内の余分な毒素を排出することができるので、こちらも健康には嬉しいもの。一日に3度のコーヒーががん予防になるという話もありますね。

医学界の研究データについてまでは把握していませんが、コーヒー好きの時分にしてみれば、一日に3度も大好きなコーヒーで癒されてリラックスしている、ということが健康効果を高めているということではないかなぁと思います。