宇治で美味しいコーヒーを飲む!レトロな喫茶店 よこやま珈琲

京都は今日も外国人観光客で賑わっております。いつも思うのが外国の人から見る京都や日本ってどんな場所なんだろう?という事。

30年以上住んでいる京都の魅力は十分に知っているつもりですが、そとから見るとまた違って見えるのかな?

今日はそん外国人観光客に人気の平等院や宇治抹茶で有名な京都・宇治にある、創業30年以上の老舗珈琲店 「よこやま珈琲」さんのご紹介です。

こちらのコーヒー屋さんは何と言っても風情を感じる喫茶店感がたまりませんね。お店の前まで来ると、自家焙煎をされているため外までコーヒーのいい香りが漂ってきます。

とても種類が豊富なコーヒー豆の中から好きなものを購入する事が出来ます。どのコーヒーを選んでいいのかわからない!という方は、お店の方が親切に教えてくれますので、お任せしましょう。私もこちらのお店で色々と珈琲の事を勉強させていただきました。

とても職人堅気なマスターがコーヒーを丁寧に抽出してくださります。もちろんコーヒーの味にも文句のつけようがないのですが、気になるのはコーヒーカップですね。

なんと100種類以上のコーヒーカップを用意されているので、お客様ごとに違うカップでコーヒーを提供されています。訪れるたびに違うカップが見れるので、可愛いカップやおしゃれなカップなど、毎回新鮮な気持ちを味わえますよ。

こういう何気ないサービスが嬉しくてまた通ってしまうんですよね。

京都の宇治というとお寺や抹茶の印象が強く、コーヒーというイメージはあまり無いかもしれませんが、素敵なコーヒーとの出会いもいかがでしょうか?

ちなみに名前は忘れてしまったんですけど、とてもいいカフェに出会いました。

JR松井山手駅からくずは方面へバスで五分ほどの場所にある、ヨーロッパの雰囲気漂う可愛らしい外観の喫茶店。

オーナー夫妻が週末の三日間だけ営業されている喫茶店です。営業日が限られているせいか、はたまた認知度がまだまだ低いせいか、あまり混雑することもないため穴場です。

木のぬくもり溢れる店内は禁煙のため、煙草が苦手な人がゆっくりとリラックスしてコーヒーや軽食を楽しめる雰囲気になっています。

個人的に気に入っているのが器で、日本の最高級陶器の大倉陶園の器で供されます。きれいな花柄の描かれた金縁のカップで頂くコーヒーはとても贅沢ですよ。

コーヒー豆は生豆を焙煎し、さらに浅煎りなので胃に優しい仕上がりになっています。酸化した豆は使わないのがオーナーのこだわりとのこと。濃いめが好きな人には若干物足りないかもしれませんが、ミルクなしで美味しく頂けます。

食材にもこだわっているようで、低農薬・有機野菜を使用したサンドイッチや甘さと乳脂肪分を抑えたケーキは、健康に気をつけている人やダイエットをしている人にもおすすめです。ジュースは濃縮還元ジュースではなく、果実をしぼって作られており、さらに氷なしなので果物本来の濃厚な甘さを堪能できます。

喫茶スペースに併設された小部屋には、オーナー自らが描いた水彩画が多数展示されています。柔らかな色彩で描かれた四季の花ばなを眺め、香り高いコーヒーを頂くと心が癒されるような気がします。帰り際にはその花のポストカードを一枚頂きました。

誰か知っている人教えて下さい♬